日暮里店お客様の声

2016年2月のブログ記事一覧

枝毛と切れ毛。2

つづきー。 2.シャンプー →毎日行うシャンプーが原因で 髪に負担を与えてしまって枝毛が 発生する場合があります。 シャンプーには様々な種類があり それぞれ価格や匂いなどの好みで 選んでいる人も多いはずです。 しかし髪の毛のダメージを考えて 選んばないと キューティクルが剥がれ落ちて しまう可能性があります。 大きく分けると 「汚れ...続きを読む

2016年2月29日 23:19 投稿者: 大橋彩香

毛髪化学カラー基礎編11

色彩学/混色・色を混ぜることによって、 その結果が明るくなる光の混色を『加法混色』レッド、ブルー、イエローを混色するとホワイトになります。 逆に暗くなる色材の混色を『減法混色』といいます。 レッド、ブルー、イエローを混色するとブラックになります。 光の混色ではレッドとグリーンを混ぜるとイエローの光が作り出されます。 レッドとブルーを混ぜるとマゼンダが作り出されます。 光の混色ですから混ぜると明...続きを読む

2016年2月24日 08:24 投稿者: 北澤 健吉

枝毛と切れ毛。1

女性は憧れる人も多い サラサラとした綺麗な髪の毛。 しかしそんな綺麗な髪の毛の天敵となるのが枝毛です。 枝毛が多いと、ボサボサした見た目になってしまい、 お世辞にも美しいとは言えない状態に なってしまいますよね。 出来ることならば、 枝毛にならずに美しい状態のまま 髪の毛を保ちたいと考えている人は多いはずです! 枝毛に悩んでいる人や、 髪の毛を良い状態に保ちたいと考えている人は、 ぜひ読んで...続きを読む

2016年2月21日 23:14 投稿者: 大橋彩香

毛髪化学カラー基礎編10

サロンカラーの特性は、色のバリエーションが豊富で、彩度の高い色揃いがある。 アルカリ量や過酸化水素濃度の異なるアイテムが揃っている。 ホームカラーの特性は、染めムラの出にくい、馴染みの良い色調が中心。 パッチテストについて(ヘアカラーのかぶれ)/酸化染毛剤の主成分である パラフェニレンジアミンまたはトルエン2.5ジアミンなどの酸化染料は 人によってアレルギー反応を起こすことがあります。 ヘアカラー...続きを読む

2016年2月17日 08:12 投稿者: 北澤 健吉

地肌の痒み!!2

地肌の痒みはどうして起こるのか。 続きをお話していきます。 ☆痒みを引き起こす3つの要因 1.地肌から自然に分泌される皮脂 →地肌の皮脂が過剰に分泌されると、 これを栄養にしている常在菌の 異常繁殖を招く事があります。 2.地肌の常在菌(マラセチア菌) →常在菌の活動が活発になると、 脂肪酸が大量に排出され 地肌トラブルの原因になります。 3.人によって違う肌質 →常在菌...続きを読む

2016年2月16日 16:56 投稿者: 大橋彩香

地肌の痒み!!1

☆どうして地肌が痒くなるの? ・かゆみは日本人の最も大きな 地肌トラブルの一つ。 日本人の抱える地肌(頭皮)トラブルの中で、 かゆみは最も大きな悩みのひとつです。 地肌(頭皮)のかゆみというと、 地肌のべたつきや乾燥と関連付けて とらえられることが多く、 シャンプーとあまり関係がないと 思われがちですが、 シャンプーでできることもあります。 正しい地肌ケアのための第一歩として、 まずかゆみ...続きを読む

2016年2月12日 18:30 投稿者: 大橋彩香

毛髪化学カラー基礎編9

サロンカラーとホームカラーの違いは、 染毛剤や脱色脱染剤は薬事法および染毛剤製造承認基準において、 使用できる成分などに関する規制がいろいろと定められています。 この制約の中で、サロンカラー、ホームカラーともに、 最良の効果を得るべく製品開発がされています。 薬剤の基本構成の部分においてはサロンカラーとホームカラーは大きな違いはありません。 しかしながら、 サロンカラーとホームカラーの間にはプロの...続きを読む

2016年2月10日 08:27 投稿者: 北澤 健吉

毛髪化学カラー基礎編8

ヘアカラーの発色実験/1剤に含まれている酸化染料の中間体(代表的なものは パラフェニレンジアミン)は直接染料(ニトロ染料)と違って、それ自体で発色することはありません。 1剤剤中のアルカリ剤(代表的なものはアンモニア水)が毛髪を膨潤させてキューティクルを開き 、その隙間から入って2剤に含まれる過酸化水素(オキシ)に反応して酸化重合を起こして発色する。 しかも酸化重合して大きな分子になって毛髪内部に...続きを読む

2016年2月 9日 08:09 投稿者: 北澤 健吉

地肌とベタつき!!2

前回に引き続いて 続きですー。(^O^) ☆ベタつきを引き起こす3つの要因 1.地肌から自然に分泌される皮脂 →地肌の皮脂が過剰に分泌されると、 これを栄養にしている常在菌の 異常繁殖を招くこともあります。 2.地肌の常在菌(マラセチア菌) →常在菌の動きが活発になると、 脂肪酸が大量に排出され 地肌トラブルの原因になります。 3.人によって違う肌質 →常在菌が排出する脂...続きを読む

2016年2月 6日 15:57 投稿者: 大橋彩香

毛髪化学カラー基礎編7

ヘアカラー1剤として、パラフェニレンジアミン(酸化染料)、メタアミノフェノール(調色剤)、 パラアミノフェノール(酸化染料)、塩酸2.4ージアミノフェノキシエタノール(調色剤)パラアミノオルトクレゾール、 ヘアカラー1剤として、塩酸トルエン2.5ジアミン(酸化染料、ニトロパラフェニレンジアミン(直接染料)、 ピクラミン酸(直接染料)、パラニトロオルトフェニレンジアミン(直接染料)、レゾルシン(調...続きを読む

2016年2月 2日 08:22

1
 

カテゴリ一覧

過去のアーカイブ

2019年 / 1月 / 2月 /
2018年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2017年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2016年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2015年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2014年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2013年 / 1月 / 2月 / 3月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2012年 / 10月 / 11月 / 12月 /
2012年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月(旧) /
2011年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2010年 / 9月 / 11月 / 12月 /