日暮里店お客様の声

2013年2月のブログ記事一覧

縮毛矯正120

ストレート88 pH8.8の弱アルカリクリームタイプのヘアカラー毛対応ストレート剤。2剤はプロム酸、過酸化水素の2タイプがあります。プロム酸でハリ・弾力がでてまとまりのある質感が、過酸化水素でしなやかさ、柔らかさ、軽さのある質感が得られます。 日暮里加藤正祥

2013年2月28日 23:55

縮毛矯正119

αリラクシングDCストレート ダメージコントロール機能の反応調整剤がチオグリコール酸の高濃度配合を可能としたストレートパーマです。リッチに配合した油分やコラーゲンペプタイドで毛髪の損傷を抑え、2剤に生体機能水を配合。酸化効果を促進し、カチオニックのコンディショニング効果を高め、しっとり感のあるしあがりです。 日暮里 加藤正祥

2013年2月28日 23:54

カラー6

トーンコントロールとは、ヘアカラーのティントの調整を行い、明度と彩度を操作することです。色調を淡くしたり、濃くしたり、濁らせたり、くすませたり、鮮やかにしたりして色の調子をコントロールするイメージです。ヘアカラーの仕事は従来、アンダートーンの調整+ヘアカラー剤によるティントコントロールの二階段で考えられて来ましたが、本テキストでは二種類のメラニン色素の性質を活用することにより、従来のアンダートーンの調整をブラウンコントロール+アンダーコントロールにわけて設定したものです。 ミック日暮里店 木下

2013年2月28日 23:51

トリートメント64

毛髪のキューティクルは、ケラチンタンパク質が角化したものですでに「死んだ細胞」からできていますので、皮膚についた傷とは異なり自然治癒することはありません。 ですから、キューティクルの代わりとなってアフタートリートメント剤に配合されている毛髪表面を保護する成分(たとえば、加水分解タンパク質やシリコーン誘導体等)を用いて、損傷部位を補修する必要があります。 以上のようにアフタートリートメントは、パ...続きを読む

2013年2月28日 23:48

縮毛矯正118

フォードをウォーターマトリックス 間充物質(マトリックス)中のシスチンに水をしっかり結びつけ、還元や酸化の反応をおだやかに、確実に行う事で、加温の熱から髪を守ります。還元剤を毛髪の奥深くまで運ぶキャリア剤を配合し、剛毛、超撥水毛にも確かな効果を発揮。トレハロース、MNF、アミノ酸、植物エキスが熱から髪を守り、美しいストレートヘアを持続させます。サラサラストレートに仕上げるエクストラタイプと、滑らかな質感に仕上げるプライムタイプの2種。 日暮里 加藤正祥

2013年2月28日 23:37

カラー5

明るい色味を表現する際にプレライトニングをしたり、トーンダウンの際にブラウンの色味をミックスするのもブラウンコントロールの一例です。アンダーコントロールとは、目的の色味を表現するためにアンダートーンの調整を行うことです。様々な髪色に対して補色や中間色となる全ての色相を必要に応じて使用することによりアンダートーンを調整することが可能となります。明るい髪色に対して行うカラープライミングやプレピグメンテーションはアンダーコントロールの一例です。 ミック日暮里店 木下

2013年2月28日 23:35

カラー4

ヘアカラー3つのコントロール ヘアカラーは、ブラウンコントロール+アンダーコントロール+トーンコントロール、の3つのコントロールからなっています。 この3つのコントロールを十分に行うことで、望み通りの仕上がりを得ることができます。ブラウンコントロールとは、明度の調整を行うことです。髪色に近い各色相のブラウンの強弱を調整することにより可能となります。明度の調整を行うことで、髪色の透明感をコントロールすることもできます。 ミック日暮里店 木下

2013年2月28日 23:28

縮毛矯正117

ナチュラルスタイリングバイタルストレートRーEX チオタイプ。パーマ・カラーヘアにやさしいストレートアイロン使用のパーマ剤。髪へのダメージを抑えつつ、高いストレート効果で、仕上がりもやわらか。1剤は、ソフトジェルタイプで塗布コントロールがしやすく、髪にしっかりきゅうちゃ。アルカリにアルギニンを配合することで、キューティクルを穏やかに膨張させます、2剤はクリームタイプで、軽くやわらかな仕上がり感。髪に柔軟性とツヤを与える大豆由来の油脂パーム(ヤシ)を配合。

2013年2月28日 23:26

縮毛矯正116

AWSBーAllWomanSister,sBand 多様な髪質や幅広いダメージレベルの施術に対応する微アルカリストレート剤(縮毛矯正剤)。シリコン類を一切含まず、アルカリ含有を極限まで抑え、微粒子トリートメント成分を配合した前処理感覚のストレート剤です。毛髪を膨張させずに軟化させることで、だを大幅に軽減し、縮毛矯正・ストレート経験毛へのカラーやパーマスタイルチェンジを容易にします。 日暮里 加藤正祥

2013年2月28日 23:16

カラー3

明度を決めるのは毛髪中のメラニン色素ですが、赤褐色のユウメラニン(真メラニン)をブラウンカラー、黄〜赤色のフェオメラニン(亜メラニン)を色相として置き換えることにより、多種多様の髪色としてのブラウンを作ることができるのです。またフェオメラニンが持つ色相と通常のへあからーざいに配合されている補色(もしくは補正色)が作用して多種多様な髪色としてのブラウンを表現することもできます。 ミック日暮里店 木下

2013年2月28日 23:16

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
 

カテゴリ一覧

過去のアーカイブ

2018年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 /
2017年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2016年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2015年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2014年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2013年 / 1月 / 2月 / 3月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2012年 / 10月 / 11月 / 12月 /
2012年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月(旧) /
2011年 / 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月 /
2010年 / 9月 / 11月 / 12月 /