池袋東口の実力派美容室(美容院)ならmiqへ

miq Hair & Make up

営業/平日 10:30-21:30 土曜 10:00-19:30 日・祝 10:00-18:00

カラーの知識

美容室のカラーと市販のカラーでは何が違う?

カラーの知識

カラーの知識

最近は市販のカラーも色々種類が増えたので、使用する方が多くなっているようです。市販カラーは何と言っても安くて早く、キレイに仕上がります。ホームカラーが多くの人に受け入れられるのはそれなりの理由があり、逆に美容室のカラーしかしないという方もいらっしゃいます。市販のカラーも美容室のカラーも基本は髪を明るくし、色を入れて染めることに違いはありません。では市販のカラーと美容室のカラーの主な違い、自宅派、サロン派に聞いたそれぞれのメリットについて説明します。

薬の強さと色の種類の違い

薬の強さと色の種類の違い

市販カラー剤は使用する薬が強いものがほとんどで、かなり髪にダメージを与えます。どんな髪質にも一定の効果を出すため、薬の効果が強力で、手触りを良くするために入っているシリコンが髪の傷みをごまかしている状態のときは良いですが、剥がれると傷みが目立ちます。美容室カラー剤は髪質に合ったパワーの薬で染め、ダメージを最小限に抑えるようにしています。また、市販カラー剤の色の種類は少なく、仕上がりの髪色の調整や判断が困難であるのに対し、美容室カラー剤は種類が多く、色を配合して希望の色を作ることができます。

染め方とカラー後の後処理の違い

染め方とカラー後の後処理の違い

市販カラー剤は薬品が強いもので髪の根元も毛先も染めますので、全体的な髪のダメージを避けられませんが、美容室カラー剤は髪の根元と毛先で薬の種類を使い分け、なるべくダメージを減らすようにします。また市販カラー剤は、カラー後のシャンプーやトリートメントでも薬が落ちにくいですが、美容室カラー剤は染めた後に、乳化という作業を行って頭皮に残った薬をキレイに落とします。美容室カラー剤の方が色持ちは良く、髪や頭皮への負担も少なくて済みますので、定期的にカラーリングする方は美容室がオススメです。

自宅派、サロン派それぞれのメリット

自宅派、サロン派それぞれのメリット

市販カラー剤は安く、早く、自宅でできること、美容室に行く時間が省けて、好きなときにカラーリングができる手軽さがあります。美容室カラー剤は色味がキレイに仕上がること、髪のダメージが少ない、美容師から似合う色をアドバイスしてもらえる、思い通りのカラーに仕上げられる、色持ちが良い、トレンドのカラーに染めることができる、オシャレなカラーリングができるなどがメリットとして挙げられます。また、美容師の立場で言えば、色の塗り分けができるということがサロン派カラーの一番の利点とも言えます。