美容院・美容室 miq西新井店TOP > パーマの種類とその特徴を知る

パーマの種類とその特徴を知る

パーマの種類とその特徴を知る

パーマの種類とその特徴を知る

パーマは髪にカールやウェーブを作り、ヘアスタイルの雰囲気を一気に変えることができます。パーマはときどきかける程度、よくかけているなど色々な方がいます。最近はパーマの種類が増えているので、たまに美容室でパーマをかけようと思っても、どれが自分に合うのか分からないという方も少なくありません。パーマの種類は、使用する薬剤やパーマのかけ方によって異なります。パーマの種類はたくさんありますが、美容室で人気のパーマの種類と、その特徴、違いについてご紹介します。

コールドパーマとデジタルパーマ

コールドパーマとデジタルパーマ

もっとも一般的なパーマがコールドパーマ。髪内部の結びつきを1剤でほどき、髪をロッドに巻き付け、その後、2剤でカールを固めます。ロッドの大きさや薬剤を変えることで、さまざまなスタイルに対応できて、スタイルチェンジも比較的簡単。一方、施術後にパサつきが目立ち、パーマの持ちが良くないことがデメリットです。デジタルパーマは熱処理で、髪の形状記憶を行うパーマ。かけた部分は半永久的に長持ちしますが、高温処理のため、やけどの恐れがあり、あまり根元からパーマをかけられないデメリットがあります。コールドパーマは濡れているとき、デジタルパーマは乾かすことでウェーブが再現できます。

クリープパーマとエアウェーブなど

クリープパーマとエアウェーブなど

クリープパーマはコールドパーマと同じ原理ですが、1剤の塗布時間を短縮し、途中で洗い流します。その後、スチーマーなどで髪内部に水分を補給し、スタイルを仕上げます。ダメージを最小限にしますが、時間がかかります。エアウェーブは低温でかけるので、やけどの心配がなく、根元からしっかりかけられ、ふんわりした仕上がりになります。ナノスチームを使用する水パーマは、髪の内部に水分を届け、少ない薬剤でパーマをかけるので、ダメージを抑えられます。化粧品登録されたパーマ剤を使用するコスメパーマは、パーマ剤独特のニオイがありません。ダメージが少なく、ヘアカラーと同日に施術することも可能です。

ストレートパーマと縮毛矯正

ストレートパーマと縮毛矯正

ストレートパーマは、自然なストレートヘアになれるパーマです。ただ、パーマをかける目的は、コールドパーマを落とすときに多く利用します。乾いている髪に出るウェーブは落とせないので、クセ毛直しには向きません。また、デジタルパーマなど他のパーマは落とせません。縮毛矯正は乾いた髪に出るウェーブを落とせるので、クセ毛直しができますし、どんなパーマも落とすことができます。それだけ強力なパーマなので、髪のボリュームが少なくなり、ペタンコになるというデメリットもあります。