美容院・美容室 miq西新井店TOP > 太くて多くて硬い剛毛の髪を柔らかくする方法は?

太くて多くて硬い剛毛の髪を柔らかくする方法は?

太くて多くて硬い剛毛の髪を柔らかくする方法は?

髪が硬くて太くて多いのが悩みという方は少なくないですね。美容室に行くと「髪が多いですね~」といわれて、いつも髪を梳いてもらわないと髪が広がってしまう、ストレートパーマがなかなかかからず、カラーをしても時間がかかるなど、剛毛の方特有の悩みがあります。ヘアスタイルにこだわるあまり、時間もお金もかけることになる方もいます。太くて多くて硬い剛毛を柔らかくして、楽に手入れできるようにする方法はないのでしょうか?今回、美容師としておすすめできる方法をご紹介しましょう。

無理に柔らかくすることは絶対にNG

西新井8-1.jpg

髪の毛1本はお寿司の太巻きと同じと考えてください。髪の毛の内部にはいろいろな具材やごはんが詰まっていて、海苔でしっかり包んでいるというイメージです。髪が太くて多くて硬い剛毛の方は、中のごはんが多く、噛みちぎるのが大変な海苔で包んでいると想像すると良いでしょう。つまりごはんの量を減らし、海苔をふやかすようにして強度を落とせば柔らかくなります。実際、パーマやカラー、ブリーチを繰り返してダメージを受ければ、髪の毛は多少柔らかくなりますが、それでは枝毛や切れ毛の原因になり、髪がもろくなります。絶対にしてはいけません。

髪を柔らかくする一番の方法はシャンプー

西新井8-2.jpg

一番おすすめの方法はシャンプーを変えることです。シャンプーの洗浄成分によって、たんぱく質を硬くし、髪がゴワついた感じになるので、アルコール系や石けん系は避けてください。髪を柔らかくしてヘアケアまでできるのは、アミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系シャンプーの界面活性剤はケラチンという髪の元となるたんぱく質なので、髪の毛や頭皮のトラブルを防ぐことができます。サロンなどで取り扱っているシャンプーは多少お値段が高くなりますが、髪が扱いやすくなることは確実なので、使ってみる価値はあると思います。

アウトバストリートメントのすすめ

西新井8-3.jpg

次に洗い流さないタイプのトリートメントを使用します。剛毛の方は髪が乾燥すると、ゴワつきに加え、パサつきと広がりが加わります。お風呂から上がった後、髪の毛をブローする前にトリートメントをつけます。洗い流さないトリートメントでドライヤーの熱からの乾燥を防ぎ、保湿をすることで髪がまとまりやすくなります。剛毛やクセ毛の方はクリームタイプがおすすめです。つけるだけで髪がしっとりして、髪の広がりを抑えてくれます。また、寝る前にトリートメントで栄養分を補ってください。この場合はオイルタイプで、じんわり浸透しつつ、翌朝まで潤いをキープできます。