美容院・美容室 miq川口店TOP > 紫外線ダメージから髪を守るUVケア

紫外線ダメージから髪を守るUVケア

紫外線ダメージから髪を守るUVケア

紫外線ダメージから髪を守るUVケア

春から夏に向けて紫外線が強くなると、お肌の日焼け対策が欠かせません。同じように髪の紫外線対策が必要になります。紫外線が一番当たるのは頭で、夏の紫外線量は肌の3倍とも言われます。ノーガードで何もUVケアをしなければ、髪は大きなダメージを受け、秋を迎えるころには髪のトラブルを抱えることになりかねません。紫外線が強い昼間の外出時には日傘や帽子をかぶり、UVカット効果が高いものをおすすめします。髪のUVケアに有効な対策は他にもいろいろあります。

紫外線が髪や頭皮に与えるダメージ

紫外線が髪や頭皮に与えるダメージ

紫外線による髪へのダメージは大きく枝毛や切れ毛と、ヘアカラーの色落ちがあります。髪の毛内部にあるたんぱく質の結合が一部壊され、枝毛や切れ毛のダメージとなって現れます。また、日本人の黒髪は欧米人に比べ、紫外線に強いはずですが、カラーリングによりメラニン色素が無色化しているため、紫外線に弱い状態になっています。紫外線を浴びることで活性酸素が発生し、色素を破壊されるため、髪が赤茶っぽくなったり、キレイに染め上げても色落ちが早くなったりします。さらに頭皮にダメージがあり、毛母細胞の働きが低下し、薄毛や白髪、日焼けによる皮膚の炎症、秋の抜け毛の原因となります。

分け目を変え、ヘアアレンジをしてみる

分け目を変え、ヘアアレンジをしてみる

ずっと同じ分け目にしていると、紫外線が分け目部分の頭皮に集中し、日焼けで炎症を起こし、秋に抜け毛が多くなり、分け目が薄くなるというリスクがあります。そうならないためには分け目を変えてみましょう。分け目を変えるにはドライヤーでの乾かし方が重要です。シャワーで濡らすのが基本ですが、時間がなければスプレーで分け目周辺の根元をしっかり濡らします。分け目を中心に約1~2cm幅で、右側と左側それぞれ反対方向に起こすように交互に乾かします。分け目がぼやけたら、分けたい方向に乾かすとふんわりした仕上がりに。また、お団子ヘアやシニヨンなどまとめ髪にすると、紫外線が当たる面積が小さくなります。

UVケアアイテムを使う

UVケアアイテムを使う

普段のヘアケアにUVケアアイテムを取り入れます。洗い流さないトリートメントでUVカット効果のあるものをおすすめします。オイルタイプは日差しの熱を髪に伝えやすく、ダメージになるので、避けた方が良いです。少ししっとり目で保湿効果の高いミルクが適しています。また、外出時に日焼け止めを塗るように、頭皮や髪にも日焼け止めを使ってください。最近、よく見られるのがスプレータイプの日焼け止めです。ローズやジャスミンなどフレグランス効果のあるUVカットスプレーもあるので、使い心地は良くなっています。ただし、汗や皮脂で落ちやすく、長時間の効果は持続しづらいので、2~3時間おきにスプレーし直してください。