美容院・美容室 miq川口店TOP > ヘアカラーのかぶれやアレルギーが心配な方へ

ヘアカラーのかぶれやアレルギーが心配な方へ

ヘアカラーのかぶれやアレルギーが心配な方へ

ヘアカラーのかぶれやアレルギーが心配な方へ

以前に比べてアレルギー体質が増えていることもあり、ヘアカラーのかぶれやアレルギーを起こしてしまう方が一定数いらっしゃいます。市販のヘアカラーが普及していますが、ヘアカラー剤は国家試験をパスした美容師や理容師のみ、使用できる薬品であることを知っておいて下さい。特に日本人の髪質は硬く黒くコシが強いので、ブリーチしたり、染毛したりするためにかなり強い薬剤を使っています。市販のカラー剤はパッチテストでチェックし、サロンのヘアカラーは体調の悪いときは避けるようにして下さい。

酸化染料が原因で起きるジアミンアレルギー

酸化染料が原因で起きるジアミンアレルギー

ヘアカラー剤に使用される酸化染料が原因で起きる、アレルギー性接触皮膚炎のことを業界では「ジアミンアレルギー」と呼んでいます。染毛成分の中で特にアレルギー発症頻度が高いパラフェニレンジアミンを、“ジアミン”と略したことから呼ばれるようになりました。アレルギー性接触皮膚炎の一種であり、皮膚や身体に合わないと判断する抗原を持っている人に起きる皮膚症状です。また、アレルギーを原因としないかぶれを刺激性接触皮膚炎と呼び、刺激性の強い化学物質が皮膚につくと誰にも起きる症状です。アレルギー体質の方はヘアカラーの前にパッチテストを、かぶれを防ぐにはヘアカラーの前に頭皮を洗い過ぎないようにすることが大事です。

体調が悪いときのヘアカラーは控える

体調が悪いときのヘアカラーは控える

生理中はパーマやヘアカラーをしない方が良いと聞かれたことがあると思います。いつもより身体が敏感になっていますので、痛みや刺激に弱く、せっかくパーマやヘアカラーをしても効果が出なかったり、体調不良になったりしがちです。ヘアカラーの薬剤の臭いの刺激もありますので、生理中は控えましょう。また、疲れているときは今まで何ともなかったヘアカラー剤が滲みたり、ピリピリしたり、アレルギー?と思う症状が出たりします。ヘアカラーは体調が良いときにするのがベストだと言うことです。

ヘアカラーで身体に負担を与えないために

ヘアカラーで身体に負担を与えないために

市販のヘアカラーでも最近は動物実験をしていない商品や、染め上がりが穏やかな商品が出ています。自分が思っている色より、明るめの色を選ぶとイメージした色に近く仕上がるようです。ただ、身体に負担をかけない成分を使用していますので、価格は通常のヘアカラー剤の倍くらいになります。サロンのヘアカラーは専門知識を学んだプロの美容師が担当しますので、もし、異常があった場合も適切に対処することができます。少しでも異常を感じたら、遠慮なくスタッフに伝えるようにして下さい。